このページの先頭へ

学部紹介

科目紹介

ケア・スピリットにあふれた人間力と看護実践力を育みます。

探求の基礎

本学学長が担当します。「考える」という探求の営みを理解し、適切に学問的な探求ができるようになることが目的です。「知る」「分かる」を分析することで科学的知識の構造を理解し、自ら実践できる哲学の方法を身につけます。

チーム医療論

医療チームや地域包括ケアのメンバーとして、医療職だけでなく福祉・介護関係などの職種と協働できる能力を養います。組織論や医療社会学の学修を通して、ケアチームの一員として行動できる知識を身につけます。

ヘルスアセスメント

聴診器を使ったり、身体に触れたりしながら、身体の機能に関する情報収集の方法を学修します。また、集めた情報を活用しながら、患者の健康状態を多角的に検討するための能力を養います。看護師として最も重要で基本的な知識や技術を習得する科目です。

公衆衛生看護技術論

家庭訪問、健康教育、健康相談、地域アセスメント、組織化などの技術を使って、地域に住む人々に対する保健師の展開を学修していきます。また、学校看護の活動についても学修します。

小児看護技術論

病気や障がいを持った子どもたちの体の成長に合わせた援助の方法(点滴管理、事故防止など)を学びます。演習では、シミュレーション教材を活用し、コアとなる看護技術の修得を目指します。

災害看護論

災害看護論では、災害の概念について学ぶとともに、避難所での健康管理や災害時要援護者への具体的なケアなど、現場で看護実践できる知識と技術の習得を目指した学修をします。

実習紹介

早期体験実習

1年生の5月に体験実習を実施しています。実習は病院と施設の2箇所で行い、看護職が活動しているさまざまな現場の特徴と、看護職の果たしている役割の多様性を理解します。

早期体験実習はこちら

地域の看護職を育てる

本学は地域で活躍できる看護職の育成を目指します。看護は地域の中でも様々な場で展開されているため、県内の多様な施設で実習を行うようにしています。地域で実際に活躍している看護職とその対象者に出会いながら、多くの経験を積み、自分の目指す看護職像を形作ります。

学びのサイクル

本学は、授業と実習が作り出す「学びのサイクル」を大切に考えています。

徹底した事前準備

実習では直接患者さんと接するため、事前の準備がとても大切になります。本学では実習の際に困ることがないよう、最新のシミュレーションモデルなどを使用し、実際の看護場面を想定した授業を行っています。臨床経験豊富な教員たちが、実習前に看護の技術面から対象者との接し方までしっかりとサポートします。

綿密なフォローアップ

実習には本学の教員が同行し直接指導を行います。実習前から実習後に至るまで、学生個々に合わせた綿密なフォローアップを行っています。大学での学びを実習に活かし、振り返りを行うことで、実習での経験が自分の力になっていきます。この力を、さらに大学での学びにつなげていくことで、学びのサイクルができあがります。

教科書はタブレットに

本学では、いち早くデジタル教科書を導入しました。実習の時にもタブレットがあれば、教科書を確認することができ、分からないところは、検索機能ですぐに調べることができて、安心です。

デジタル教科書3つのメリット

  1. 教科書はタブレット端末1台で持ち運び便利!
  2. 重要なポイントはアンダーラインを引いたり、書き込みしたりもできる!
  3. 国家試験問題集も入っていて、国家試験対策はバッチリ!
◎実習中
◎授業

◎ディスカッション

◎演習

MENU