このページの先頭へ

大学院

看護学研究科 令和3年4月開設

 本学大学院は、建学の精神である「人々の生活と健康を高め、地域社会に貢献するケア・スピリットを備えた保健医療人」に基づき、看護学を基盤に自ら考え、行動し、社会を切り拓く人材を養成することを目指しています。具体的には、次のような人材育成に努めます。

  • ① 広い視野と深い人間理解に基づき、臨床実践力に裏付けられた看護学の教育能力を発揮できる人材
  • ② 健康に対する社会的ニーズを認識し、課題解決のために科学的探究心に根差した研究能力を発揮できる人材
  • ③ 社会の多様な状況に応じた看護を提供するために、高い倫理観に基づいた看護の専門性を発揮できる人材
  • ④ 住民を含めた多職種連携チームの要となる看護の専門性に優れた人材
  • ⑤ 保健・医療・福祉の分野の種々の課題に対し、判断力、調整力、改革力を伴う優れた看護の管理能力を発揮できる人材

研究科長 濱中 喜代

 これまで岩手県には看護学の大学院が一大学のみであり、大学卒業後の学びの環境が十分には整っていませんでした。今後の社会情勢を踏まえ、優れた教育力、研究力、高い倫理観、看護の専門性、優れた看護管理力を身につけた人材を養成することにより地域住民への質の高い看護の提供とともに、地域全体の看護学の発展が期待できます。本大学院は、より高度な教育・研究成果を最大限活用して地域社会に貢献していく所存です。

教育・研究目的

 21世紀の我が国における看護学領域の研究と多様化する高度医療ニーズに対応できる人材として、確かな医療や看護の倫理観を備え、広い視野と深い人間理解に基づき、保健、医療、福祉等の幅広い知識と看護実践力を身につけた看護専門職者を育成します。

教育課程

 岩手県における臨床看護研究、臨床看護教育、臨床看護実践力、チーム医療の推進、看護管理領域の強化を目指すこととし、「基礎・地域連携看護学領域」「臨床・応用看護学領域」「看護管理学領域」の3つの看護学専門領域を設け、教育を展開します。各専門領域ごとに看護学特別研究において、修士論文作成の指導を行います。

基礎・地域連携看護学領域

 さまざまなライフサイクルや健康段階にある人々への看護実践の基盤となる看護援助を探求します。看護実践の理論的背景、根拠に基づく看護援助技術の実証的研究を行います 。地域および在宅で生活する人々とその家族、療養中の看護の対象者など、さまざまな状況の看護について探求します。さらに、看護の場を限定せず、地域包括ケアシステムにおける看護課題を研究します。

臨床・応用看護学領域

 看護援助における科学的根拠に基づいた臨床研究を行います。 老年・母性・小児・精神看護学 の各々の臨床領域における効果的な看護援助の要因分析、援助方法の開発・実施・評価に関する研究を行います。また、地域で生活する人々とその家族、入院や治療中の看護の対象者など、さまざまな状況にある人々の看護について研究し、対象者及びその家族の看護についての調査を進めます。さらに、看護の場を限定せず広く看護学的観点から健康問題を明らかにし、保健・医療・福祉との連携を図りながら、保健・医療・福祉施設のみならず学校・地域・コミュニティにおける看護課題を研究します。

看護管理学領域

 看護管理学 に関する科学的根拠に基づいた臨床研究を行います。看護管理者に必要とされる組織運営、組織調整、組織構築、経営、看護行政・政策に関する研究や看護学的観点からの看護組織の構築と運営、施設の経営参画についての課題を明らかにし、看護組織が果たす役割について研究します。また、各々の臨床領域における効果的な看護援助の要因分析、援助方法の開発・実施・評価に関する研究を行うとともに、地域で生活する人々とその家族、入院や治療中の看護の対象者など、さまざまな状況にある人々の看護について、看護学的観点から対象者及びその家族の健康問題を明らかにし、保健・医療・福祉との連携を図りながら調整・管理する上で必要な要件について研究します 。

カリキュラム

修了要件

 本課程に2年(長期履修の場合は3年)以上在籍し、所定の授業科目を履修し、以下に定める単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けた上、修士論文の審査及び最終試験に合格する必要があります。

科目区分 必修単位 選択科目 修了要件
共通科目 8単位 6単位以上 14単位以上
専門科目 8単位 8単位以上
特別研究科目 8単位 8単位
24単位 6単位以上 30単位以上

・専門科目は、各自の専門領域の特論Ⅰ、Ⅱ及び演習Ⅰ、Ⅱが必修です。

有職者に対する特別な配慮

 本学では、職業を有している等の事由から履修や研究の時間が限られる大学院生については、長期履修制度を活用し、計画的に修業できる道が開かれています。

長期履修生制度

 職業を有する等の事情により、標準修業年(2年)を超えて一定の期間(3年)にわたり計画的に教育課程を履修し、課程を修了することを申し出た場合は、審査の上、計画的な履修を認めます。長期履修生の授業料(年額)は、通常の授業料の年額に2年を乗じた額を、3年で除した額とします。本制度の詳細につきましては、研究指導を受ける予定の教員にご相談ください。

大学院設置基準第 14条特例の適用

 職業を有する等のため、昼間だけでは学修が困難と予想される学生のために、大学院設置基準第14条の規定を適用して、履修形態を弾力化します。平日の6時限(18:00~19:30)と土曜日1~4時限(8:50~16:10)にも授業を行い、働きながら学修が進められるよう配慮します。

入試情報

アドミッション・ポリシー (入学者受入方針)

  • 専門性の高い看護学の修得を志向する人
  • 看護学専攻の教育を受けるための基礎的な知識や技術を有する人
  • 看護学の教育・研究者として、看護学や看護実践の発展に貢献する意欲を有する人
  • 看護学や看護実践に対する高い探求心を持ち、主体的に学修する意欲を有する人

募集人員

 一般入学試験・社会人特別選抜試験 3名

学位

 修士(看護学)

入学資格

 次のいずれかに該当する者で、原則として看護師免許を取得した者(2021年3月31日までに取得見込みの者を含む。)とします。

  • ①大学を卒業した者
  • ②大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与された者
  • ③外国において学校教育における16年の課程を修了した者
  • ④日本において、文部科学大臣が指定した外国大学日本校の16年の課程を修了した者
  • ⑤外国の大学等において、修業年限が3年以上である課程を修了することにより、学士の学位に相当する学位を授与された者
  • ⑥文部科学大臣の指定した者
  • ⑦文部科学大臣が指定した専修学校の専門課程を終了した者で本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等あるいはそれ以上の学力があると認めた者で、24歳に達した者

入学資格認定審査

 入学資格⑥、⑦で出願を希望する者は、出願前に入学資格の認定審査を受けてください。
 申請期間:2020年12月21日(月)~2021年1月15日(金)必着

出願希望者の事前相談

  • 1)出願希望者は出願前に必ず、各自の希望する分野の教員と面談や電子メール等で連絡を取り、入学後の研究内容等について事前相談をしてください。(事前相談は、2021年1月28日(木)まで)
  • 2)教員の連絡先は、募集要項を参照してください。

入学検定料

 30,000円  
*本学学生が、卒業後直ちに志願する場合は、入学検定料は無料となります。

試験日及び 出願期間

入試区分 入学試験日 出願期間 入試科目
一般入学試験 2021年2月20日(土) 2021年1月29日(金)~
2月12日(金)必着
英語、専門科目、面接
社会人特別選抜試験 専門科目、面接

学費

 入学金:250,000円 授業料:550,000円(年額)
 *本学卒業生が大学院に入学する場合は、入学金は無料となります。

募集要項及び出願書類(ダウンロード)

募集要項及び出願書類は、ダウンロードおよび印刷をし、必要事項を記入の上、その他必要な提出書類と合わせて出願期間内に提出して下さい。
*出願予定者は、必ず出願前に志望する看護領域の教員の面談を受けることが必要となります。
*冊子は発行されないため、資料請求できません。

【2021年度募集要項】
【2021年度出願書類】

お問い合わせ先

岩手保健医療大学 学務課
 〒020-0045
 岩手県盛岡市盛岡駅西通一丁目6-30
 TEL:019-606-7030
 FAX:019-606-7031

MENU