このページの先頭へ

教員の声

人に尽くして見返りを求めず、
人を守りて己を守らず宝積の精神

担当科目:精神看護学

教授 岡田 実

教員紹介ページへ

自分のことは自分が一番よく知っているようで、実は一番知らなかったりします。「分かりっこない!」と、家族や友人を責めたことはないでしょうか。でも周りの方があなたをよく知っていて、自分を見失っているのがあなたの方だったりします。人からどう思われているのか、人をどう思っているのか…、このようなことに悩みを深めるのが大学4年間の生活なのかもしれません。本学での様々な出会いを通じて自己と他者の理解を深め、何よりも患者さんとご家族の理解にそのことを役立てて欲しいのです。

PROFILE

北海道医療大学大学院看護福祉学研究科修了、博士(看護学)
青森県立つくしが丘病院、青森県立精神保健福祉センターを経て、弘前学院大学看護学部教授、長野県看護大学教授を歴任、2019年4月より現職。

一人の人として、
人を理解し、人にあった看護を

担当科目:成人看護学

准教授 土田 幸子

教員紹介ページへ

「あなたがそこにただいるだけで、みんなの心が安らぐことができる看護師に」これは、書家で詩人の相田みつを氏の「ただいるだけで」の一節で、私がめざしていることでもあります。看護は病む人に向き合う仕事です。病む人を理解し、その人に合った看護を提供するために、膨大な知識と技術を学びます。そして、臨地実習で病む人への看護を体験し、その人に合った看護を探求します。看護者である前に一人の人としてどうあるべきかを一緒に考えていきましょう。お待ちしています。

PROFILE

聖マリアンナ医科大学病院 教育担当看護師長
玉川大学教育学部教育学科卒業(教育学士)、東京医療保健大学大学院看護マネジメント学専攻修士課程修了(看護マネジメント学修士)

看護を通して出会い、成長し、
看護の道を広げていく

担当科目:老年看護学

准教授 木内 千晶

教員紹介ページへ

その人にとっての最善最良の看護を考えるためには、看護の知識や技術はもちろんのこと、対象者の気持ちに寄り添える、私たちの心のあり方も大切になります。大学では4年間を通して、幅広い視野を培う教養を身につけ、自分自身についても考え知っていく機会が多くあります。看護は奥深く一生勉強です。看護を通した出会いは、私たちの成長にもつながっていきます。その一歩を踏み出してみませんか。岩手保健医療大学で一緒に看護の道を歩んでいけたら嬉しいです。

PROFILE

国際医療福祉大学大学院保健医療学専攻看護学部分野博士課程修了、博士(看護学)。自治医科大学附属さいたま医療センター主任看護師、岩手県立大学助教、日本保健医療大学講師を経て現職。専門は老年看護学。

MENU